NXP Freedom Development Platform for Kinetis® K22 MCUs

画像にカーソルを合わせると拡大表示されます。

製品詳細

セクションを選択:

対応製品

プロセッサ&マイクロコントローラ

K2x / KS2x USB

K0x エントリレベル

オーディオ

Audio Converters

インターフェース

USB PD-PHYおよびCC-Logic

Features

Processor

    MK22FN512VLH12 MCU

  • 120 MHz
  • 512 kB flash memory
  • 128 kB RAM
  • Low power
  • Crystal-less USB in 64 LQFP package

Connectivity

  • Dual role USB interface with USB connector
  • Easy access to MCU input/output through Arduino® Rev3 compatible I/O connectors
  • Optional microSD card slot for operation over SPI

Power Management

    Flexible power supply option

  • OpenSDAv2.1 USB
  • K22F USB
  • Or external source

Debug

    Programmable OpenSDAv2.1 debug circuit supporting the CMSIS-DAP interface software that provides:

  • Mass storage device (MSD) flash programming interface
  • CMSIS-DAP debug interface over a USB HID connection providing run-controldebugging and compatibility with IDE tools
  • Virtual serial port interface

Sensors

  • FXOS8700CQ – accelerometer and magnetometer

Wireless

  • Optional header for add-on RF module: nRF24L01+ Nordic 2.4 GHz radio
  • Optional header for add-on Bluetooth module: JY-MCU BT board V1.05 BT

Support

  • Software support and application development are offered through the Kinetis software development kit (SDK), an extensive suite of robust peripheral drivers, stacks, and middleware (replacing Sample Code Packages/examples). Get expert advice and support by joining the Kinetis Software Development Kit Community forum

User Components

  • RGB LED
  • Two user push buttons

Software and support application development

    null

購入オプション

FRDM-K22F-Image

クリックして展開

  • FRDM-K22F

  • Freedom Development Board for Kinetis K02 and K22 (100-120 MHz, 128-512 KB Flash) MCUs.

  • JP¥6,060
  • の数量に対して 1
    • 在庫状況: 在庫あり
    • 在庫: 23
    • 配送: 通常 1~2営業日以内に配送
NXPから購入する代理店から購入する

ドキュメンテーション

クイック・リファレンス ドキュメンテーションの種類.

1-5 の 6 ドキュメント

全て表示

設計・リソース

セクションを選択:

設計・ファイル

2 設計・ファイル

ソフトウェア

1-5 の 14 ソフトウェア・ファイル

全て表示

注: より快適にご利用いただくために、ソフトウェアのダウンロードはデスクトップで行うことを推奨します。

サポート

お困りのことは何ですか??