MPC574xB/C/G Body, Gateway, and Networking Evaluation System

画像にカーソルを合わせると拡大表示されます。

製品詳細

セクションを選択:

対応製品

インターフェース

オートモーティブLINソリューション

プロセッサ&マイクロコントローラ

超高信頼性MPC57xx MCU

センサ

加速度センサ

Features

Microcontroller (MCU).

  • 32-bit Power Architecture e200z4 based MPC574xB-C-G

Transceivers

  • MC33662: LIN 2.1 / SAEJ2602-2, LIN Physical Layer

Sensors

  • MMA8451Q: ±2g/±4g/±8g, Low g, 14-bit Digital Accelerometer
  • MAG3110: High Accuracy, 3D Magnetometer

Adapters

  • OpenSDA: Serial and Debug Adapter with support for several industry-standard debug interfaces
  • Capacitive touch slider
  • Mass storage device flash programming interface (default) –no tool installation required to evaluate demo apps
  • Segment LCD

Compatibility

  • Arduino® Rev3 pin-out compatible

Interfaces

  • P & E Debug interface for run-control debugging and compatibility with IDE tools
  • CMSIS-DAP interface for embedded debug interface
  • USB device (FS)
  • Easy access to MCU I/O

Power

  • Flexible power supply options: USB, coin-cell battery, external source
  • Battery-ready, power-measurement access points

購入オプション

MPC574XG-MB-Image

クリックして展開

  • MPC574XG-MB

  • MPC574XG-MB evaluation motherboard for Gateway.

  • JP¥80,499
  • の数量に対して 1
    • 在庫状況: 在庫あり
    • 在庫: 1
    • 配送: 通常 1~2営業日以内に配送
NXPから購入する代理店から購入する
  • MPC574XG-176DS

  • MPC574xB/C/G 176 LQFP daughtercard for Gateway.

  • JP¥52,344
  • の数量に対して 1
    • 在庫状況: 保留在庫
NXPから購入する代理店から購入する
  • MPC574XG-256DS

  • MPC574xB/C/G 256 BGA daughtercard for Gateway.

  • JP¥58,743
  • の数量に対して 1
    • 在庫状況: 保留在庫
NXPから購入する代理店から購入する
  • MPC574XG-324DS

  • MPC574xB/C/G 324 BGA daughtercard for Gateway.

  • JP¥26,748
  • の数量に対して 1
    • 在庫状況: 保留在庫
NXPから購入する代理店から購入する
  • MPC574XG324DSC2

  • MPC574xB/C/G 324 BGA socketed DC daughtercard for Gateway.

  • JP¥40,314
  • の数量に対して 1
    • 在庫状況: 保留在庫
NXPから購入する代理店から購入する

ドキュメンテーション

クイック・リファレンス ドキュメンテーションの種類.

1-5 の 15 ドキュメント

全て表示

設計・リソース

セクションを選択:

設計・ファイル

4 設計・ファイル

ソフトウェア

2 ソフトウェア・ファイル

注: より快適にご利用いただくために、ソフトウェアのダウンロードはデスクトップで行うことを推奨します。

サポート