V2X技術により、自動車は他の自動車、インフラ、脆弱な道路利用者と通信し、運転手の安全性を高め、自動運転体験をスムーズにすることができます。DSRC/802.11pバージョンのV2Xは、セルラーネットワーク接続が利用できない地域でも、リアルタイム通信と1マイルを超える動作範囲に対して最小のレイテンシを提供します。DSRCは、安全メッセージやその他のデータをリアルタイムで安全に通信するための専用の安全な安全チャネル操作も提供しており、今日のコネクテッドカーやトラックのための自律走行センサのスイートの不可欠な部分を形成しています。DSRCに基づくV2Xは、将来の環境に優しい運転シナリオの先駆者であるトラックのプラトーニングにも役立ちます。

NXP V2Xシステムプラットフォームは5.9GHzおよび760MHz帯域で動作し、すべての主要ベンダーのグローバルソフトウェアプロトコルと互換性があり、真のグローバルV2Xソリューションを実現します。このプラットフォームは、US DOTのNotice of Proposed Rulemakingの現在のガイドライン、およびヨーロッパ、日本、韓国の新しい基準を満たし、それを上回っています。

対象アプリケーション – 自動車

DSRC V2Xの導入

DSRCがV2X通信に最適なテクノロジーである理由をご覧ください。

NXP Connectivity V2Xテクノロジー

道路の安全性と自律走行を強化するV2X技術を使用して、あらゆる車両を接続します。

C-ITSに関する受託法

NXPは、EU委員会の協調型高度道路交通システム(C-ITS)に関する「委任法」を支持しています。これは、より安全な道路と環境に優しいモビリティに向けた重要なステップです。

適切なV2Xテクノロジーの選択: DSRCと5Gのストレートトーク

オンデマンドのウェビナーに参加して、DSRCとC-V2Xの車両安全通信の違いを調べてください。