NXP、車載ソフトウェア開発のコスト低減と簡素化を実現する新しいS32K3 MCUを発表

  • NXPのセキュリティ・ファームウェア/ソフトウェアにより、セキュリティを最大化し、開発を効率化
  • システムレベルのセーフティ・ハードウェア/ソフトウェアにより、ASIL認証を簡素に
  • 無償の車載グレード・ソフトウェア・ドライバにより開発と品質認証を迅速化
  • スマートなメモリ設計により、迅速で信頼性が高くセキュアなOTA(over-the-air)アップデートが可能に

NXP SemiconductorsはS32K製品ラインの最新製品としてS32K3マイクロコントローラ(MCU)ファミリを発表しました。2017年に発表されたS32K1ファミリは、車載開発においてソフトウェアが中心的役割を果たすようになる重要な転換点となりました。車載ボディ・エレクトロニクス、バッテリ・マネジメント、新たなゾーン・コントローラ向けに設計された新製品のS32K3ファミリは、S32K1に引き続きセキュリティ、機能安全、下位レベル・ドライバを網羅する強化パッケージにより、ソフトウェア開発の簡素化を実現しています。


NXP、車載ソフトウェア開発のコスト低減と簡素化を実現する新しいS32K3 MCUを発表

S32K3はNXPのS32車載プラットフォームの機能を、ゲートウェイやドメイン制御だけでなくゾーン制御やエッジ・ノードへと拡大します。さらに、複数のアプリケーション間でのソフトウェアの再利用を可能にし、車載ソフトウェア開発を簡素化するとともに、Tier-1サプライヤや自動車メーカーの負担を軽減します。

NXP の車載プロセッシングのプロダクト・マネジメント担当ダイレクターのEd Sarratは、次のようにコメントしています。「ソフトウェア開発は今日の車載関連開発における主要な技術課題の1つであり、S32K3 MCUファミリはお客様によるそうした課題の解消を可能にします。S32K3 MCUファミリは無償車載グレード・ソフトウェア・ドライバにより開発を迅速化し、シンプルなセキュリティとOTA(over-the-air)アップデート、効率的な安全性認証を可能にします」。

S32K3セキュリティ・ソリューションは策定中のISO/SAE 21434規格や将来のOEM要件を見越して設計されたハードウェア・セキュリティ・エンジンを備えています。サード・パーティ・プロバイダと関わる際のコストや複雑さを低減するため、NXPはハードウェアだけでなく、独自のセキュリティ・ファームウェアや暗号化ドライバを提供します。セキュリティ・ファームウェアはハードウェア・セキュリティ・エンジンの性能最大化、セキュリティ・サブシステムの整合性保護のための不正アクセス防止を可能にします。また、ますます巧妙になるサイバー・セキュリティの脅威に対処するため、フィールド・アップグレードも可能です。

S32K3は安全性フレームワーク・ソフトウェア、コア・セルフテスト・ライブラリのほか、ロックステップ・コアや、ISO 26262要件への準拠を容易にするクロック/消費電力/温度モニタなどのハードウェア機能により、機能安全に対するシステムレベル・アプローチのメリットをお客様に提供します。さらに、S32K3と同時にNXP FS26セーフティ・パワー・マネジメントICも発表されました。この2つの組み合わせにより、ソフトウェア・ドライバ、リファレンス・デザイン、共通安全性ドキュメントも提供され、お客様のセーフティ・アプリケーション開発のさらなる時間短縮が可能になります。

ユニークなリアルタイム・ドライバ(RTD)パッケージは、AUTOSAR規格や独自開発ソフトウェア・アーキテクチャ向けの下位レベル・ドライバを搭載しています。これにより、Tier-1サプライヤや自動車メーカーにとってプラットフォームの再利用が可能になり、別のアーキテクチャの保持が不要になります。この量産グレードのRTDパッケージはISO 26262規格に準拠することになっており、カスタマー・コードの検証時間短縮を可能にします。

S32K3はセキュアなOTA(over-the-air)ソフトウェア・アップデートが可能です。スマートなメモリ設計は通常のランタイム中にアップデートのダウンロードが可能で、自動アドレス変換機能によりソフトウェアの再コンフィギュレーションを不要にします。両機能はリセット後に新しいソフトウェア・バージョンへの即時切替を可能にします。また、アップデート前のソフトウェアはロールバック・オプションとして保存されます。

S32K3ファミリは最大3個のArm® Cortex®-M7コアにより、512KBから8MBまでのフラッシュ・メモリを提供します。さらに、このファミリはNXPのMCUとして初めて、標準のQFPパッケージと比較してフットプリントを最大55%低減する先進のMaxQFPパッケージを採用しています。S32K3はスケーラブルなハードウェアと使いやすいソフトウェアを組み合わせており、次世代車載機能の技術革新を加速します。

S32K3ファミリの最初の製品のエンジニアリング・サンプル、評価ボード、ソフトウェア・パッケージは、アルファ・カスタマーにすでに提供中です。製品の量産開始は2021年第4四半期の予定です。S32K3ファミリの詳細についてはhttp://www.nxp.com/S32K3を、FS26セーフティ・パワー・マネジメントICについてはこちらをご覧ください。


NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル& IoT、モバイル、通信インフラ市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で約2万9,000名の従業員を擁しています。2019年の売上高は88.8億米ドルでした。詳細はWebサイトwww.nxp.comをご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイトwww.nxp.jp(日本語)をご覧ください。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。Arm、Cortexは米国およびその他の国におけるArm Ltdまたは子会社の登録商標です。関連技術は特許、著作権、設計、企業秘密の一部あるいは全部により保護されている場合があります。All rights reserved. © 2020 NXP B.V.

リリース日

2020年11月10日

お問い合わせ

増田 清美

Tel: 070-3627-6472

kiyomi.masuda@nxp.com