NXP、自動車データの全面的活用を可能にするS32G車載ネットワーク・プロセッサを発表

  • 最新の先進的なエッジ-クラウド間分析、および新たな機能の迅速なOver-the-Air(OTA)展開を可能にするサービス指向ゲートウェイを実現
  • ASIL D機能安全への対応と、プロセッシング/ネットワーク性能の10倍以上の向上により、自動運転アプリケーションをサポート
  • 簡素化したドメイン/ゾーン・ベース車載アーキテクチャへの移行を促進するとともに、リファレンス・システム・ソリューションをお客様に提供

世界最大の車載半導体サプライヤであるNXP Semiconductorsは、新しいS32G車載ネットワーク・プロセッサを発表しました。これらのプロセッサの登場は車載アーキテクチャの設計/実装方法の大きな転換点を意味します。NXPのS32プロセッサ・ファミリの最新製品として、S32Gプロセッサは自動車業界における高性能ドメインベース車載アーキテクチャへの移行を可能にするとともに、ソフトウェアの複雑さを低減し、セキュリティと安全性を強化します。S32Gプロセッサは世界的なトップ自動車メーカーに採用されており、ビジネス機会がより拡大する自動車データを活用するサービス・プロバイダへの、自動車メーカーの転換をサポートするサービス指向ゲートウェイで重要な役割を果たすことになります。

S32G

次世代コネクテッド・カーにはデータ主導型のビジネスの提供のために、性能やセキュリティ面で抜本的な変化が必要になります。S32Gプロセッサはクルマの周囲のデータ伝送をセキュアに管理するとともに、安全性を必要とされるアプリケーションを悪意から保護することにより、車載ネットワーキングを新たな次元に高めます。S32Gプロセッサは世界で初めての従来型MCUの機能と、ASIL D機能安全に対応しネットワーク・アクセラレーション機能を備えた高性能アプリケーション・プロセッサで、1つのデバイスで従来提供されてきたレベルを大幅に上回る機能を提供します。

コネクテッド・カー、自動運転、電気自動車への進化により、データに基づく多数のサービスが実現することになります。利用実績に基づく保険、クルマの状態監視、事業者向け車両管理サービスなどは、OEM企業が現在検討している新しいビジネスの一例ですが、こうしたビジネスがNXPの堅牢でセキュアなプロセッシング機能によって実現します。

しかし、S32Gは単なるネットワーク・プロセッサにとどまらず、最新ADASアプリケーションのサポートを可能にするとともに、車載ネットワークの統合に大きく貢献する安全でセキュアな通信機能を提供します。アウディのECU開発自動運転担当ダイレクターのBernhard Augustin氏は、次のようにコメントしています。「私たちはS32Gプロセッサのネットワーキング、性能、安全機能のユニークな組み合わせが、私たちの次世代ADASドメイン・コントローラでの使用に最適なことを新たに認識しました」。

NXPのS32プロセッサ・ファミリについて

NXPのS32のアーキテクチャ面での多数の技術革新が、未来の自動車開発の技術的課題への対処を可能にし、その結果、自動車メーカーは豊かな車内体験を提供するとともに、自動運転機能の市場投入期間を大幅に短縮できるようになります。

NXPのS32プロセッサ・ファミリは多様なアプリケーション・プラットフォームに対応可能な単一のソフトウェア環境によりサポートされ、高性能MCU/MPUと特定用途向けアクセラレーション/インターフェースを備えた統一アーキテクチャを提供します。このソフトウェア開発環境により、デベロッパーはコストのかかる研究開発成果のリユースが可能になり、車載アーキテクチャの変更時や市場投入期間に対する厳しい要求に迅速に対応できるようになります。このプラットフォームはクルマ全体の多様なアプリケーション領域に対応可能な車載品質、信頼性、ASIL D性能を提供します。

S32Gプロセッサの主な特長

  • 性能: S32Gプロセッサはプロセッサをオフロードする特定用途向けネットワーク・ハードウェア・アクセラレーションとASIL Dをサポートし、最新のクルマの複雑なリアルタイム環境向けにOEM企業が必要とするネットワーク性能により、付加価値の高いサービスを提供します。
  • セキュリティ:S32Gは他のすべてのS32プラットフォーム・プロセッサと同様に、ハードウェア・セキュリティ・エンジン(HSE)によって実現した高性能ハードウェア・セキュリティ・アクセラレーションを可能にし、信頼性の高い鍵管理のための公開鍵インフラストラクチャ(PKI)をサポートします。ファイアウォールにて隔離されたHSEはセキュア・ブートをサポートする「root-of-trust(RoT:信頼の基点)」であり、システム・セキュリティ・サービスを提供するとともにサイドチャネル攻撃からデバイスを保護します。
  • 安全性:NXPのS32GプロセッサはロックステップArm® Cortex®-M7マイクロコントローラ・コアなどのフルASIL Dや、業界初のArm Cortex-A53アプリケーション・コア・ロックステップ・クラスタ機能を提供し、高いレベルのオペレーティング・システムや大型メモリ・サポートにより新しいレベルの性能に対応する機能安全を実現します。

S32Gシステム・ソリューション

NXPはS32Gプロセッサとの統合に最適化された、マルチギガビット通信が可能な、安全かつセキュアな車載イーサネット・スイッチSJA1110を発表しました。新イーサネット・スイッチは最新のTSN標準規格に対応しており、100BASE-T1 PHYを内蔵し、ハードウェア支援型セキュリティ/安全機能、マルチギガビット・インターフェースを提供します。NXPのS32Gプロセッサ、SJA1110スイッチ、VR5510パワーマネジメントICの組み合わせは、今日の車載ネットワーキングが直面しているスケーラビリティ、安全性、セキュリティ、高速トラフィック・エンジニアリングなどの面での極めて大きな技術的課題に対応します。

S32Gプロセッサ、および開発環境の提供

S32G274AはS32Gファミリの4製品の最初の製品で、主要なお客様向けにサンプル供給中です。NXPと強力なパートナー・エコシステムにより、お客様の設計を迅速化する包括的なボード、ソフトウェア、ツール、システム・サポートを提供します。詳細については、https://www.nxp.com/S32Gをご覧ください。

このプレスリリースの写真は
https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/37f9f66e-162b-4b0a-aa12-4d3c106e8af5
からダウンロードいただけます。

NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル& IoT、モバイル、通信インフラ市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で3万名を超える従業員を擁しています。2018年の売上高は94.1億米ドルでした。詳細はWebサイトwww.nxp.comをご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイトwww.nxp.jp(日本語)をご覧ください。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。Arm、CortexはArm Limitedまたは米国/その他の地域における子会社の商標または登録商標です。関連技術は特許、著作権、設計、企業秘密の一部あるいは全部により保護されている場合があります。All rights reserved. © 2020 NXP B.V.

リリース日

2020年1月6日

お問い合わせ

増田 清美

Tel: 050-3823-7031

kiyomi.masuda@nxp.com