NXP、ソフトウェア・デファインド・ビークルの開発を迅速化するS32G車載統合プラットフォームを発表


NXP、ソフトウェア・デファインド・ビークルの開発を迅速化するS32G車載統合プラットフォームを発表


NXP SemiconductorsはS32G車載ネットワーク・プロセッサを使用し、ソフトウェア・デファインド・ビークル(SDV)のリアルタイム処理やアプリケーション開発の課題への対応を可能にするS32G GoldVIP(VIP:Vehicle Integration Platform)を発表しました。この革新的な車載統合プラットフォームはS32Gプロセッサの評価、ソフトウェア開発、迅速な試作開発のために複数の価値ある提案を提供します。ユーザーはリアルタイム処理のユースケースとリソース・モニタリングにより、S32Gの性能を即座に認識できます。セキュアなクラウド・コネクティビティやOver-the-Air(OTA)アップデート・サービスなど、NXPがオープンソースやサードパーティのソフトウェアを事前に統合していることから、開発者はソフトウェア・インフラが不要になり、新しいコネクテッド・ビークル・サービスの開発に注力することができます。S32Gリファレンス・デザイン・ボード(RDB2)あるいはGoldBoxサービス指向ゲートウェイ・リファレンス・デザインとの組み合わせにより、ユーザーはデスクトップ環境、実験室環境向け、また車載アプリケーションの迅速な試作開発をより容易に実行できます。

自動車業界でのECU統合、データ主導型自動車サービス、セキュアなクラウド・コネクティビティ、サービス指向アーキテクチャに対応するソフトウェア・デファインド・ビークルへの移行の進展に伴い、新しい車載ソフトウェア開発アプローチが必要になっています。自動車メーカーやTier-1サプライヤはマルチテナンシー、ネットワーク管理、クラウド・サービス、機能安全、先進セキュリティ技術などに関する新たな技術的課題に直面しています。NXPはパートナーであるAirbiquity、Amazon Web Services、Argus Cyber Security、Elektrobitのソフトウェアを含むGoldVIPの事前統合済みソフトウェアにより、こうした課題への対応を可能にします。

GoldVIPの事前統合は、開発者による新たな自動車サービスの即時開発を可能にするハードウェア抽出プラットフォームを提供します。GoldVIPはXen Project® Type 1ハイパーバイザとともにNXPのS32Gスタンダード・ソフトウェアとリファレンス・ソフトウェアを統合しており、分離されたLinux®仮想マシンを提供します。GoldVIPはLinuxエコシステムの高度な柔軟性と適応性を提供するとともに、プラットフォーム上へのユーザー空間Linuxアプリケーションの導入を可能にします。また、ローカルとリモートのクラウド・グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)とセキュアなクラウド・コネクティビティによってサポートされるJavaとPythonにより、迅速な試作開発環境を提供します。

統合されるパートナー・ソフトウェアとしては、OTAアップデート向けAirbiquity OTAmatic®クライアント、セキュアなクラウド・サービス向けAWS IoT Greengrass V2エッジ・ランタイム、Elektrobit tresos AUTOSAR® Classic Platform、CAN/イーサネット向けArgus Cyber Security Intrusion Detection and Prevention System(IDPS)があります。


GoldVIPブロック図

GoldVIPブロック図


GoldVIPにはプロセッサ性能、メモリ使用量、ネットワーキング帯域幅、チップ温度などの重要な指標をモニターするローカルとクラウドベースの可視化機能とともに、S32Gの重要な価値を示す複数のリアルタイム・ユースケースが含まれています。主なユースケースとして、ネットワーク・アクセラレーションと侵入検知搭載および非搭載のCANゲートウェイとイーサネット・ゲートウェイ、NXPのSJA1110イーサネット・スイッチ・パケット統計値モニタリング、クルマ/クラウド間データ・テレメトリ、クラウド/クルマ間OTAアップデートなどがあります。

GoldVIPは新機能の統合によるスケーリングが可能で、急成長中の市場のニーズに対応するとともに、お客様のソフトウェア・デファインド・ビークル開発を継続的にサポートできます。NXPは自動車サービス展開の効率向上のため、AUTOSAR Adaptive Platformのサポート、NXP eIQ™ Autoディープ・ラーニング・ツール・サポートによる機械学習(ML)推論、コンテナ・オーケストレーションなどによるGoldVIPの拡充を計画しています。GoldVIPは追加的なパートナー・ソフトウェアの統合により、将来のリリースで機能をさらに拡張できます。

NXPの車載コントロールおよびネットワーキング・ソリューション担当グローバル・マーケティング・ダイレクターのBrian Carlsonは、次のようにコメントしています。「新しいS32G GoldVIPは、私たちのお客様やパートナーによるハードウェア評価やソフトウェア開発を迅速化できる超高度なソフトウェア統合と見識を提供します。GoldVIPはソフトウェア・デファインド・ビークルのニーズへの対応と、新しい自動車サービスの迅速な開発のためのスケーラブルなプラットフォームの提供に向けたハードウェア・ソフトウェア・イネーブルメントのレベルを引き上げました」。

供給:
S32G GoldVIPはNXPウェブサイトで提供しています。詳細については、NXP.com/GoldVIPをご覧ください。


NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductors N.V.(NASDAQ: NXPI)はイノベーションを通じて、よりスマートな、安全で持続可能な世界を実現します。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル& IoT、モバイル、通信インフラの各市場で新たな可能性を拓いています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で約3万1,000名の従業員を擁しています。2021年の売上高は110億6,000万米ドルでした。詳細はWebサイトwww.nxp.comをご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイトwww.nxp.jp(日本語)をご覧ください。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。© 2022 NXP B.V.

リリース日

2022年2月24日

お問い合わせ

増田 清美

Tel: 070-3627-6472

kiyomi.masuda@nxp.com