NXPのMIFARE 2GOとGoogle Pay、交通機関サービスを革新

NXPのMIFARE 2GOとGoogle Pay、交通機関サービスを革新

NXPのMIFARE 2GOとGoogle Payを統合し、モバイル端末によるシームレスな交通機関の利用を実現

セキュアなコネクティビティ・ソリューションのリーダーで、世界の750都市強で使用されている有力な交通向け非接触型決済/アクセス・ソリューションを提供するMIFAREの発明企業であるNXP Semiconductors N.V.はGoogleと協力し、デジタル化したMIFAREベース認証情報を管理する包括的なエンド・ツー・エンド・ソリューションであるNXPの新しいMIFARE 2GOクラウド・サービスを、Google Payに統合したと発表しました。

通勤者への交通機関の快適な利用体験の提供を目的とした今回の統合により、通勤者は携帯電話での乗車権利の即時購入が可能になるとともに、携帯電話を端末にかざすだけで乗車できるようになります。Google Payソリューションは通勤者のチケットに関連する乗換駅の地図表示や、交通機関利用履歴の電子レシート発行などの豊富な機能も提供します。

Googleのペイメント・プロダクト・マネジメント担当バイス・プレジデントのPali Bhat氏は、次のようにコメントしています。「今はボタン1つでタクシーを呼べる時代です。こうした時代には交通機関利用者は移動形態を問わず、利便性、スピード、旅行計画情報の提供を期待しています。このような理由から、交通機関を利用する世界各地の数百万の通勤者に対し、同じようなメリットの提供を拡大できる潜在的可能性が生まれることを非常に嬉しく思います。既存のMIFARE製品ベースの運賃決済ソリューションとGoogle Payをシームレスに統合することにより、輸送機関は利用者に、モバイル機器を通じた包括的なデジタル体験を提供できるようになります。今回の新たな統合が、交通機関の利用者と彼らが使用するシステムの間に強力な新しいトランザクション/通信チャネルを作り出すユニークな機会を提供すると私たちは信じています」。

20億強のアクティブ・ユーザーを持つAndroidは、世界最大のオペレーティング・システムです。セキュリティ、フレキシビリティ、スケーラビリティを特長とするMIFARE製品とGoogle Payを組み合わせた新ソリューションは、近距離通信(NFC)をサポートし、広く利用可能なAndroidスマートフォンのユーザーなら誰でも利用できることから、モバイル・トランジット体験を大きく変革させるものとしての役割を果たします。

NXPの上席副社長兼セキュア・トランザクション&アイデンティフィケーション事業部ゼネラル・マネージャーのRafael Sotomayorは、次のようにコメントしています。「NXPの使命は、私たちの生活をより安全で快適にするセキュアなコネクテッド・ソリューションを提供することです。モバイルMIFAREサービスにより、人々は一連の充実した都市サービスにデバイスを接続するだけで、『つながる』ライフスタイルのメリットを享受できるようになります。NXPとGoogle Payの新ソリューションは未来のトランジット実現への大きな一歩です。さらに、NXPはグローバルなMIFAREエコシステムによって実現するセキュア、スマートでスケーラブルなソリューションのメリットを、何億もの交通機関通勤者に提供するために強力に取り組んでいますが、今回の新ソリューションはそうした努力による成果の一部です」。

輸送機関にとってスケーラブルでセキュアなソリューション

MIFARE 2GOは既存のMIFARE非接触型技術インフラにより動作し、セキュリティとスケーラビリティに関する業界の要件を満たします。MIFARE 2GOは世界各地の輸送機関で使用可能であり、そのフレキシビリティと効率性により、交通機関のオペレーターは運賃コンセプトの定義が可能になるとともに、第三者が提供する自転車シェアリング、駐車場などのサービスであっても追加的な都市サービスを統合し、利用者に付加価値を提供できます。現金取扱/認証情報管理コストの低減を可能にすることから、MIFARE 2GOはサービス・プロバイダにとっても魅力的なソリューションとなります。MIFARE 2GOクラウド・サービスの詳細についてはhttps://www.mifare.net/mifare2go をご覧ください。

NXPとGoogleはクラウドベースのリスク軽減エンジンと、ハードウェア・セキュリティを有する耐タンパ・セキュア・エレメント(SE)を組み合わせるソリューションを共同開発し、セキュリティに対して最も効果的なソリューションとして推奨します。これにより、輸送機関やOEM企業が本格運用する際に必要なセキュリティ機能を提供することが可能になります。

モバイル機器向けには、NXPのコモンクライテリア『EAL5+』 SE+NFCソリューションが高レベル・セキュリティ保護プラットフォームとして使用可能です。高いレベルのセキュリティを提供することから、メーカーやデベロッパーは侵害リスクの軽減が可能になります。

ラスベガスでMIFARE 2GOをGoogle Payにより初めて運用

新ソリューションの運用がラスベガス・モノレールで初めて開始されました。このモノレールはラスベガス大通り沿道の複数のホテルと大規模コンベンション施設を結んでおり、世界各地から訪れる年間数百万の乗客がこの新しい交通機関決済/情報ソリューションを利用することになります。ラスベガス・モノレールとNXPには、CES 2017の会期中にコンベンション・バッジへの史上初の運賃決済機能の統合のために協力した歴史があります。

ラスベガス・モノレール・カンパニーのシニア・バイス・プレジデント兼チーフ・マーケティング・オフィサーのIngrid Reisman氏は、次のようにコメントしています。「NXPと再び協力し、新たに世界で初めて交通機関利用体験と運賃決済機能の統合を実現したことを大変嬉しく思います。私たちは世界で最もエキサイティングな観光都市に立地するユニークなシステムを所有しており、ラスベガスで期待以上のポジティブな体験を提供する新たな技術革新を常に求めています」。

NXPのセキュアなモバイル・トランジット・ソリューション

モバイル・トランジットの実現は、シームレスでつながった体験を消費者に提供するためのNXPの使命の一部です。NXPはNFCハードウェア/ソフトウェア、組み込みセキュア・エレメント・ハードウェア、Java Card OS、アプレット、セキュアなトラスト・プロビジョニング・サービスや、決済、トランジットなどのアプリケーション向けプロビジョニング・サービスを含む包括的なモバイル・ウォレット向けエンド・ツー・エンド・ソリューションを提供できる世界で唯一の企業です。NXPは世界各地でセキュアなタップ・アンド・ペイによるスマート・モバイル・トランジットの実用化に成功しているほか、セキュアでスケーラブルな実証済みMIFARE導入事例で多くの実績を持っています。

NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションとセキュア・インフラを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、セキュアなコネクテッド・ビークル、エンド・ツー・エンドのセキュリティ/プライバシー、スマートなコネクテッド・ソリューションの市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPでは世界30か国強で3万名を超える従業員が活動しています。2017年の売上高は92.6億米ドルでした。詳細はWebサイトhttp://www.nxp.jp/ (日本語)をご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造する車載、認証、インフラ/産業機器、コンシューマ向けのハイパフォーマンス・ミックスドシグナル製品やプロセッシング・ソリューション、高出力RF製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、大阪および名古屋に営業所があります。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標です。All rights reserved. © 2018 NXP B.V.

リリース日

2018年3月26日

お問い合わせ

増田 清美
Tel: 050-3823-7031
kiyomi.masuda@nxp.com