NXP、スマートで効率的なエッジ・プロセッシングの新時代を切り拓く新しいMCX Nマイクロコントローラを発表

NXPが開発した専用NPUを初めて搭載したNXPの新しいMCX Nマイクロコントローラはエッジでの高性能、低消費電力、セキュアなインテリジェンスを実現


NXP、スマートで効率的なエッジ・プロセッシングの新時代を切り拓く新しいMCX Nマイクロコントローラを発表


NXP Semiconductorsは新しいMCXマイクロコントローラ製品ラインナップにおけるNシリーズの最初のファミリとなる「MCX N94x」と「MCX N54x」を発表しました。MCX NはIoTや産業アプリケーションなどのセキュアなインテリジェント・エッジ・アプリケーションの設計をシンプルにすることができ、NXP独自のニューラル・プロセッシング・ユニット(NPU)と統合されたEdgeLock®セキュア・サブシステムを初めて搭載しました。MCX Nシリーズはマルチコア設計を採用しており、アナログとデジタルのペリフェラルにワークロードをスマートかつ効率的に分散させることで、システム・パフォーマンスの向上と消費電力の低減を実現します。

エッジ・データからエッジ・インテリジェンスを引き出すためにデベロッパーが求めているのは、消費電力を最小限に抑えつつプロセッシングを高める、エネルギー効率の高い設計を実現することです。MCX N94xファミリとMCX N54xファミリは幅広いアナログ/デジタルのペリフェラルを備え、先進的なエッジ・プロセッシングで要求される低消費電力を維持しつつ、革新的な設計に必要とされる設計上の柔軟性と高い性能を提供します。

NXPの上席副社長 兼 エッジ・プロセッシングおよびコネクティビティ&セキュリティ担当ゼネラル・マネージャーのRafael Sotomayorは、次のようにコメントしています。「デベロッパーはスマートホーム、スマート工場、スマート・シティにおける高い予測機能と自動化を備えた新製品を開発する際、エッジにおける可能性の限界をますます追求しています。そのため、効率化、エッジ・インテリジェンスの簡素化、セキュリティの確保が可能な先進MCUが求められています。私たちがMCUの将来を見据えて開発したMCX Nシリーズは今後のIoTと産業アプリケーションに最適な、消費電力と性能のバランスが取れた製品です。」

MCX Nシリーズのデュアルコア・システムは、フル機能のArm® Cortex®-M33コアと制御機能を管理する効率化されたCortex-M33で構成されており、開発者はアプリケーションを並列実行させるか、必要に応じて個々のコアをオフにすることで消費電力を低減できます。例えば、OTA(Over-The-Air)通信などのセキュアなIoTアプリケーションでは、メイン・コアでシステムのセキュリティを確保し、効率化コアで制御機能を実行させることができます。

MCX N94xとMCX N54xは最大150MHzで動作する高性能Arm® Cortex®-M33デュアル・コアと2MBのフラッシュ・メモリを搭載し、オプションでECCをサポートするRAM、音声処理用DSPコプロセッサ、統合NPUを備えています。統合NPUは単体のCPUコアに比べて機械学習のスループットを最大30倍高速化し、複数のコプロセッサとアクセラレータの効果で動作時間の短縮と全体的な消費電力の低減を実現します。さらに、NXPのeIQ®機械学習ソフトウェア開発環境により、統合NPUを使用した機械学習モデルのトレーニングとサポートのための使いやすいツールが用意されます。

また、MCX Nシリーズのデバイスにはフルセットのペリフェラルが統合されます。MCX N94xは先進的なアナログとモーター制御機能が幅広く備わっており、MCX N54xはPHY内蔵High Speed USBからIoTやコンシューマ・アプリケーションに適したSDカードやスマート・カードのインターフェースまで、さまざまなペリフェラルが用意されています。

新製品はNXPのセキュリティ・バイ・デザイン・アプローチで設計されており、変更不可能な「root-of-trust」を備えたセキュア・ブート、ハードウェアによる暗号化を提供し、EdgeLockセキュア・サブシステムも組み込まれています。このアーキテクチャはインフィールド・アップデート、オンライン取引、遠距離のODM企業による過剰生産の防止をサポートします。

開発を容易にするソフトウェアとツール

組み込みシステムの開発を最適化し、容易かつ迅速にする、広く利用されているソフトウェア/ツール・スイート「MCUXpresso」でMCX Nデバイスもサポートされます。MCUXpressoスイートにはシンプルなデバイス設定とセキュアなプログラミングを行うツールが含まれています。デベロッパーはフル機能のMCUXpresso IDEか、IARやKeilのIDEを選択できます。NXPは豊富なサンプルと広範なRTOSへのサポートを備えたドライバとミドルウェアを提供しており、NXPのパートナー・エコシステムも幅広い互換ミドルウェアを提供していることから、さまざまなエンド・アプリケーションで迅速な開発を可能にします。

供給

MCX Nシリーズは2023年第1四半期にサンプル供給を開始する予定です。

詳細については、NXP.com/MCXN をご覧ください。

EdgeTech+2022に出展

NXPは11月16日~18日にパシフィコ横浜で開催されるEdgeTech+2022に出展し、MCX NマイクロコントローラによるAIソリューションや、スマートホームに関する様々なデモンストレーションを実施する予定です。


NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductors N.V.(NASDAQ: NXPI)はイノベーションを通じて、よりスマートな、安全で持続可能な世界を実現します。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル& IoT、モバイル、通信インフラの各市場で新たな可能性を拓いています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で約3万1,000名の従業員を擁しています。2021年の売上高は110億6,000万米ドルでした。詳細はWebサイトwww.nxp.comをご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイトwww.nxp.jp(日本語)をご覧ください。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。© 2022 NXP B.V.

リリース日

2022年11月8日

お問い合わせ

増田 清美

Tel: 070-3627-6472

kiyomi.masuda@nxp.com