i.MX RT106L Turnkey Local Commands Solution

NXP、ターンキー・ローカル・コマンド・ソリューションにより、音声制御デバイスの量産開発を加速

ハイライト

  • プライバシー保護を可能にしながら、クラウド・コネクティビティのコストと複雑さを低減するローカル音声制御ソリューション
  • カスタマイズ可能な低レイテンシのファー・フィールド・ウェイクワード/コマンド、ノイズ抑制、エコーキャンセラを搭載
  • コストと開発期間を大幅に低減する、i.MX RTクロスオーバー・プロセッサ(MCU)ベースの完全な量産対応ソリューション

NXP Semiconductorsはファー・フィールド音声制御とコマンド認識向けに業界をリードするMCUベース・ソリューションを発表し、音声制御技術のトレンドで先駆的役割を果たしています。新ローカル・コマンド・ソリューションはコストを最適化し、使いやすさに優れており、クラウドベース音声サービスへの接続を不要にし、ユーザーのプライバシー保護を可能にするとともに、広範なスマートホームや商用/産業用市場での組み込みユビキタス音声制御へのニーズに対応します。

NXPのIoTソリューション担当エグゼクティブ・ダイレクターのDenis Cabrolは、次のようにコメントしています。「NXPのi.MX RT106L MCUベース・ソリューションの投入により、OEM企業は低レイテンシのハンズフリー体験をお客様に提供できるようになります。エンドユーザーにとって超高速応答時間と実質ゼロのセットアップ時間が実現するとともに、その個人データはローカルに保持され、プライバシーは担保されます。メーカーは自社のウェイクワードを選択可能なほか、BOMとクラウドのコスト低減によるメリットを享受できます」。

企業、製品、サービス向け組み込み音声認識ソフトウェアのパイオニア企業であるSnipsとの協力により、統合型機械学習ベース自動コマンド認識(ACR)技術がローカル・デバイス上に実現しました。新ソリューションはFreeRTOSを駆動するNXPのi.MX RT106Lクロスオーバー・プロセッサをベースとしており、ローカル・コマンドとウェイクワードの低レイテンシ検出を可能にします。また、このソリューションはファー・フィールド動作向けに必要なデジタル信号処理機能を組み込んでいます。

i.MX RT106L MCUベース・ソリューションはすぐに使用可能で、ウェイクワード1つとサンプル・ローカル・コマンド4セットを搭載しており、開発者にとって、製品への音声制御追加のデモと評価を行うための概念実証(PoC)の迅速な作成が可能になります。また、このソリューションはNXPより包括的に提供するため、OEM企業の自社アプリケーション専用モデル生成に関してもNXPよりサポートします。

Snipsの最高技術責任者(CTO)のJoseph Dureau氏は、次のようにコメントしています。「Snips Commandsの優れた機能と、NXPのi.MX RT106Lクロスオーバー・プロセッサをベースとするローカル・コマンド・ソリューションの組み合わせにより、革新的な価格と性能を実現できます。これにより、スマートホームやスマート家電製品のブランドやメーカーにとって、クラウド・コネクティビティを必要とせずに音声制御の追加が可能になり、Wi-Fiの必要性やユーザーのプライバシーに対する懸念を解消できます」。

NXPのi.MX RT106L MCUベース・ローカル・コマンド・ソリューションはOEM企業に対し、ローカル音声制御の実装に必要なターンキーACRソリューションとファー・フィールドAFE(Audio Front End)を提供します。さらに、このソリューションのノイズ抑制、エコーキャンセラ、ビームフォーミング機能は音響的に問題のある環境での使用を可能にします。i.MX RT106Lは追加コストを必要とせずに、すべての必要な音声関連機能とソフトウェアをバンドルしています。これにより、総システム・コストはマイクロプロセッサとDSP、あるいはそのいずれかをベースとするソリューションに対し半分未満になります。

NXPは現在OEM企業に対し、このソリューション向け評価/開発キットへの早期アクセスを提供しています。ブロード・マーケット向けには2020年第1四半期に提供開始予定です。

IFA 2019でMCUベース・ローカル・コマンド・ソリューションのデモを実施

NXPは9月6日から11日までドイツのベルリン国際見本市会場で開催されているIFA 2019のNXPブース(ホール1.2、ブース番号117)で新ソリューションのデモを行っています。詳細については、www.nxp.com/mcu-localをご覧ください。

NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル& IoT、モバイル、通信インフラ市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で3万名を超える従業員を擁しています。2018年の売上高は94.1億米ドルでした。詳細はWebサイトwww.nxp.comをご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイトwww.nxp.jp(日本語)をご覧ください。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。All rights reserved. © 2019 NXP B.V.

リリース日

2019年9月9日

お問い合わせ

増田 清美

Tel: 050-3823-7031

kiyomi.masuda@nxp.com