NXP Semiconductors、2022年第1四半期業績を発表 <抄訳>

NXP Semiconductors(NASDAQ:NXPI)は、2022年4月3日に終了した会計年度第1四半期業績を発表しました。

NXPのKurt Sievers社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「第1四半期売上高は記録的な31億4,000万米ドルと前年同期比で22%増加し、業績見通しの中間値を上回りました。2022年に向けて予測していた堅調な成長が現実のものとなりました。特にNXPの成長を加速する分野において、堅調な顧客需要が継続しています。全般的に、すべてのエンド・マーケットで在庫がひっ迫する中、供給を上回るお客様からの需要の増大が続いています」。

2022年第1四半期業績のハイライト

  • 第1四半期売上高は前年同期比22.2%増の31億4,000万米ドル
  • GAAPベースの粗利益率は56.7%、GAAPベースの営業利益率は27.8%
  • 非GAAPベースの粗利益率は57.6%、非GAAPベースの営業利益率は35.7%
  • 営業活動によるキャッシュフローが8億5,600万米ドル、純資本支出ベースの投資が2億7,900万米ドルだった結果、非GAAPベースのフリー・キャッシュフローは5億7,700万米ドルに
  • NXPの取締役会は2022年1月31日に、前四半期配当から50%増の普通株1株当たり0.845米ドルの第1四半期中間配当の支払いを承認。中間配当は2022年3月15日時点での株主に対し、2022年4月6日に現金で支払われました。
  • NXPは2022年第1四半期に総額5億5,200万米ドルで2億6,500万株を買い戻し、1億4,900万米ドルの現金配当を支払い、7億100万米ドルを株主に還元。これは非GAAPベースのフリー・キャッシュフローの121%に相当します。
  • 2022年4月1日に、NXPは年次Corporate Sustainability Report(CSR)を発表し、透明で持続可能なビジネス慣行へのコミットメントを強化しました。レポートのハイライトでは2035年までのカーボン・ニュートラルの達成と、科学的根拠のある目標達成プログラムの促進にコミットしました。その他、2021年をベースラインとして二酸化炭素排出量を35%削減、再生可能エネルギーの使用量を50%増加、使用する水の60%を再生、廃棄物のリサイクル率を90%に向上など、2027年までに複数の目標の達成を掲げています。
  • 2022年4月14日に、NXPはJennifer Wuamettを最高持続可能性責任者(CSO)に任命したと発表しました。Wuamettは新しい職務に加え、NXPの上級副社長、ゼネラル・カウンセル、コーポレート・セクレタリーも継続して兼務します。
  • 2022年1月4日、NXPは世界をリードする自動車OEM企業20社でデザインインを獲得した、2つの先進的車載レーダー製品ポートフォリオのアップデートを発表しました。業界初の専用16nmイメージング・レーダー・プロセッサであるNXP S32R45は量産がすでに開始されており、お客様による最初の採用開始は2022年上半期の予定です。また、4Dイメージング・レーダーのメリットをより多くのクルマに広げる新製品のNXP S32R41を発表しました。この2つのプロセッサはレベルL2+からL5までの自動運転に対応し、360度サラウンド・センシングのための4Dイメージング・レーダーを可能にします。
  • 2022年1月4日、NXPはWi-Fi 6、Bluetooth 5.2、802.15.4の3つのプロトコルをサポートする業界初のセキュアなトライラジオ・デバイスであるIW612を発表しました。NXPの新トライラジオ・ファミリのIW612はスマート・ホーム、車載、産業分野のユースケース向けにシームレスでセキュアなコネクティビティを実現し、新しい画期的なMatterコネクティビティ・プロトコルに対応します。

2022年第1四半期業績(単位:百万米ドル、未監査)注1

 

Q1 2022

Q4 2021

Q1 2021

Q-Q

Y-Y

総売上高

$3,136

$3,039

$2,567

3%

22%

GAAPベース粗利益

$1,777

$1,707

$1,355

4%

31%

粗利益調整 (i)

$ (30)

$ (33)

$ (37)

 

 

GAAPベース粗利益

$1,807

$1,740

$1,392

4%

30%

GAAPベース粗利益率

56.7%

56.2%

52.8%

 

 

非GAAPベース粗利益率

57.6%

57.3%

54.2%

 

 

GAAPベース営業利益 / (損失)

$873

$807

$492

8%

77%

営業利益調整 (i)

$ (246)

$ (253)

$ (300)

 

 

GAAPベース営業利益

$1,119

$1,060

$792

6%

41%

GAAPベース営業利益率

27.8%

26.6%

19.2%

 

 

非GAAPベース営業利益率

35.7%

34.9%

30.9%

 

 

追加情報

Q1 2022

Q4 2021

Q1 2021

Q-Q

Y-Y

オートモーティブ

$1,557

$1,547

$1,229

1%

27%

インダストリアル& IoT

$682

$661

$571

3%

19%

モバイル

$401

$374

$346

7%

16%

通信インフラ&その他

$496

$457

$421

9%

18%

棚卸資産回転日数 (DIO)

89

83

81

 

 

仕入債務回転日数 (DPO)

93

87

79

 

 

売上債権回転日数 (DSO)

27

28

30

 

 

キャッシュ・コンバージョン・サイクル

23

24

32

 

 

代理店在庫 [月]

1.5

1.5

1.6

 

 

財務レバレッジ (ii)

1.7x

1.8x

1.9x

 

 

2022年第2四半期業績見通し(単位:百万米ドル)注1

 

GAAP

見通し範囲調整

GAAP

 

 

総売上高

$3,175

$3,275

$3,375

 

$3,175

$3,275

$3,375

Q-Q

1%

4%

8%

 

1%

4%

8%

Y-Y

22%

26%

30%

 

22%

26%

30%

粗利益

$1,776

$1,850

$1,924

$ (38)

$1,814

$1,888

$1,962

粗利益率

55.9%

56.5%

57.0%

 

57.1%

57.6%

58.1%

営業利益 / (損失)

$847

$911

$975

$ (257)

$1,104

$1,168

$1,232

営業利益率

26.7%

27.8%

28.9%

 

34.8%

35.7%

36.5%

金融収益 (支出)

$ (105)

$ (105)

$ (105)

$ (2)

$ (103)

$ (103)

$ (103)

2022年第1四半期業績、注釈1については、https://media.nxp.com/news-releases/news-release-details/nxp-semiconductors-reports-first-quarter-2022-results をご覧ください(英語)。


NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductors N.V.(NASDAQ: NXPI)はイノベーションを通じて、よりスマートな、安全で持続可能な世界を実現します。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル& IoT、モバイル、通信インフラの各市場で新たな可能性を拓いています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で約3万1,000名の従業員を擁しています。2021年の売上高は110億6,000万米ドルでした。詳細はWebサイトwww.nxp.comをご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイトwww.nxp.jp(日本語)をご覧ください。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。All rights reserved. © 2022 NXP B.V.

リリース日

2022年5月9日

プレスリリースに関するお問い合わせ

増田 清美

Tel: 070-3627-6472

kiyomi.masuda@nxp.com