NXP、CAN信号改善機能技術によりCAN FDの可能性を拡大


NXP、CAN信号改善機能技術によりCAN FDの可能性を拡大



  • 長安汽車、NXPのTJA146x CAN信号改善機能付き(CAN SIC)トランシーバを自動車メーカーとして初めて採用
  • NXPのCAN SIC技術、大規模で複雑なネットワークでのCAN FDネットワークの運用を可能にし、データレートの高速化を実現
  • OEM企業にとってのネットワーク設計とECU配置の自由度が向上

NXP Semiconductorsは、長安汽車の最新の車載プラットフォームにTJA146x CAN信号改善機能付き(CAN SIC)トランシーバが採用されたと発表しました。NXPのCAN SIC技術はCAN信号のアクティブな改善により、大規模で複雑なネットワークでのCAN FDネットワークの運用を可能にし、実現可能なデータレートを高速化します。これにより、次世代自動車の技術的課題に対応可能でコスト効率の高いネットワーキング技術としてのCAN FDの可能性と柔軟性が広がります。長安汽車はNXPの車載分野のお客様として初めて、NXPのCAN SIC技術を量産車に採用しました。

長安汽車Intelligent Research Instituteのゼネラル・マネージャー代理のHe Wen氏は、次のようにコメントしています。「初期の段階から、長安汽車とNXPの車内ネットワーキング・チームは長安汽車の最新UNI-KモデルのADASシステムへのCAN SICの採用に向けて協力してきました。最大の技術的課題は、リンギングによって発生する干渉の問題の解消でした。シミュレーション、テスト、検証を繰り返した結果、リンギングの問題の解消にCAN SIC技術が最も効果的な方法であることが証明されました。TJA146x CAN SICトランシーバにより、私たちにとってワイヤハーネスのレイアウトの柔軟性向上が可能になり、5Mbpsなどの高速化への将来的なアップグレードの可能性が拓かれました。プロジェクト全体の視点から見て、通信品質とエンジニアリング効率が大幅に向上しました」。

CAN SICのメリット
クラシカルCANネットワークはコスト効率が高く、堅牢、スケーラブル、実装が容易で、クルマ全体で複雑なトポロジーのサポートが可能です。しかし、新機能がクルマに追加される中で、より多くのデータ交換が必要になり、CANネットワーキング・システムの限界を超えるようになりました。クラシカルCANと比較し高帯域幅に対応できる技術であるCAN FDは、ビットレートを500Kbpsから最大5Mbpsに高めます。

CAN FDネットワークはこうしたメリットを提供する一方で、信号反射に起因するいわゆる「信号リンギング」の干渉を受けます。これにより、CAN FD技術は実質的に、多くのネットワークで2Mbpsに制限されるとともに、よりリニアなトポロジーに利用が限定されます。結果として、ワイヤハーネスは長いケーブルを使ってのブランチ化を回避する必要が生まれ、クルマ全体でハーネスの引き回しがさらに複雑になることから、コストと重量が増加します。

NXPのCAN信号改善技術はCAN信号をアクティブに改善することにより、リンギングに起因する信号の整合性の問題を解消します。その結果、OEM企業にとってネットワークの設計とECU配置に関し自由度が向上します。また、ケーブル長の短縮、軽量化、コネクタ数削減、容易なネットワーク設計など、期待される関連のメリットを活用できます。さらに、CAN信号改善技術はCAN FDの性能を拡大し、アクティブな信号強化とより厳格なタイミングの使用により、マルチノード・ネットワーク上で5Mbpsを超えるデータレートを実現します。こうした帯域幅の向上により、CAN FDは比較的低コストでより広範なアプリケーションに対応することになります。

NXPの副社長兼車内ネットワーキング・プロダクト・ライン担当ゼネラル・マネージャーのMeindert van den Beldは、次のようにコメントしています。「私たちのCAN信号改善技術により、自動車メーカーは車載ネットワークに必要な、自由度がありコスト効率の高いCAN FDネットワークを実現できるようになりました。私たちは長安汽車が新しいUNI-Kモデルに私たちのTJA146x CAN SICトランシーバ・シリーズを採用し、この技術を量産車に迅速に導入したことを嬉しく思います」。

TJA146xトランシーバ・シリーズは既存トランシーバのピン互換代替品として提供され、従来のISO11891-2:2016 CAN FDトランシーバ仕様と新しいCiA601-4 Signal Improvement標準の両方に準拠していることから、採用が容易で標準CANトランシーバと下位互換性があります。

NXPのCAN SICソリューションの詳細については、http://www.nxp.com/CANSignalImprovement をご覧ください。


NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル& IoT、モバイル、通信インフラ市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で約2万9,000名の従業員を擁しています。2020年の売上高は86.1億米ドルでした。詳細はWebサイトwww.nxp.comをご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイトwww.nxp.jp(日本語)をご覧ください。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。© 2021 NXP B.V.

リリース日

2021年10月20日

お問い合わせ

増田 清美

Tel: 070-3627-6472

kiyomi.masuda@nxp.com