NXP、ADASと自動運転向けの
第2世代77GHz RFCMOSレーダー・トランシーバの量産開始を発表

既存レーダー・トランシーバ市場での高い評価をベースに
NXPの次世代RFCMOSレーダー・トランシーバの量産を開始


NXP、ADASと自動運転向けの第2世代77GHz RFCMOSレーダー・トランシーバの量産開始を発表


NXP Semiconductorsは第2世代RFCMOSレーダー・トランシーバ・ファミリの量産開始を発表しました。TEF82xxはすでに数千万個の出荷実績を持つTEF810xの後継モデルです。新製品は高速チャープ変調に最適化され、カスケード型高解像度イメージ・レーダーを含む、短/中/長距離のレーダー・アプリケーションをサポートします。また、自動緊急ブレーキ、アダプティブ・クルーズ・コントロール、ブラインドスポット・モニタリング、クロストラフィック・アラート、自動パーキングなどの重要な安全アプリケーション向けの360度センシングを実現します。

レーダーは従来の乗用車におけるADAS機能だけでなく、MaaS (Mobility as a Service) アプリケーションにおいても安全用途の重要なセンシング方式になりつつあります。完全な自動運転を実現する中で、より高度なユースケースが要求され、300m以上の距離から1度未満の高解像度で「見る」、高いRF性能で小さな物体を正確に検知、識別、分類することが求められます。TEF82xxレーダー・トランシーバはこれらすべてを実現します。NXPのスケーラブルなS32Rレーダー・プロセッサ・ファミリとNXP TEF82xx RFCMOSレーダー・トランシーバを組み合わせることにより、量産可能なイメージ・レーダー・ソリューションに必要とされる優れた角度分解能、処理能力、検知距離が可能になります。

完全統合型のRFCMOSチップは3つのトランスミッタ、4つのレシーバ、ADC変換、位相回転子、低位相ノイズVCOを搭載しています。NXP TEF82xxはビルトイン・セーフティ・モニタ、MIPI-CSI2とLVDS向けの外部インターフェースを搭載しており、ISO 26262のASILレベルBに適合しています。

このデバイスはNXPの定評あるRFCMOSテクノロジ・ノードと生産体制をベースとしており、前世代に比べて大幅に性能が向上しています。位相ノイズが+6dBに向上し、位相ノイズが-95 dBc/Hz時の出力が14dBm、レシーバのノイズ値が11.5dBになるなど、RF性能は2倍以上です。TEF82xxはエクスポーズド・ダイを備えた超小型eWLBパッケージを使用しているので熱伝導に優れており、周辺の温度が高くても高性能レーダー・アプリケーションにおける厳しい熱条件を満たします。特にチャープ応答時間がわずか4μ秒なので電力消費時間を短縮し、センサーの電力消費量を低減させます。また、チャープ間隔が密になるため、速度推定能力が向上します。

開発者は車載グレードのレーダー・ソフトウェア開発キット(RSDK)による包括的なレーダー・アルゴリズム・ライブラリを使用することで、手作業によるアクセラレータ・ソフトウェアの調整に時間をかけずに簡単にアプリケーションを構築、最適化できます。エンジニアも無償かつ商用RTOSのサポート、コンパイラ、開発環境、MCALで構成されるNXPの充実したエコシステムを活用し、迅速な開発に必要なリソースにアクセスできます。

NXPのVP 兼 ADAS担当ゼネラル・マネージャーのSteffen Spannagelは次のようにコメントしています。「4つのNXP TEF82xxレーダー・トランシーバを高性能S32R45プロセッサとカスケード接続することが求められる高性能イメージング・レーダー・アプリケーションの場合、OEM企業は1度未満の角度分解能で最大300m以上の距離と高度を測定することが可能です。すでに私たちのTEF82xxをベースにしたレーダー・モジュールの最終認定段階にある主要顧客がおり、量産開始(SOP)を2022年末に設定し、一部のOEM企業は23/24モデルイヤーでの発売を目標としています。」


NXP Semiconductorsについて

NXP Semiconductors N.V.(NASDAQ: NXPI)はイノベーションを通じて、よりスマートな、安全で持続可能な世界を実現します。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル& IoT、モバイル、通信インフラの各市場で新たな可能性を拓いています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で約3万1,000名の従業員を擁しています。2021年の売上高は110億6,000万米ドルでした。詳細はWebサイトwww.nxp.comをご覧ください。

NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイトwww.nxp.jp(日本語)をご覧ください。

NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。© 2022 NXP B.V.

リリース日

2022年9月29日

お問い合わせ

増田 清美

Tel: 070-3627-6472

kiyomi.masuda@nxp.com